ウェブサイト、紆余曲折


エクセルシオ・キャンペーン日本ウェブサイト


かねてから、エクセルシオ・キャンペーン日本(以下、ECJ)ではオリジナルドメインを取得して、アメリカ本国と同じような構成のウェブサイトの構築を模索していました。それを成し遂げるには本国サイトを日本語に翻訳する必要がありましたが、全てのページの翻訳は容易ではないとの判断から、まずはキャンペーン参加方法など主要なページの翻訳を完成させることで、2001年7月 http://www.excelsior-jp.com/エクセルシオ・キャンペーン日本(一部の画像は当時のものではありません。)」ウェブサイトが始動しました。時期的には、アメリカでのキャンペーンの第一目標であるスールー艦長を主役にしたエクセルシオ作品を次のシリーズにとの試みが不成功に終わり、4月に次なる活動の発表が行われた後、9月にオンライン・シリーズが始まるまでの間となります。


ECJのウェブサイトではアメリカ本国でオンラインシリーズが公開されてから目立った更新をしておらず、掲示板も外部からの書き込みもほとんど無く、事実上メンバーの連絡用に利用されていました。ただ、全米日系人博物館展の日本巡回のセレモニーに参加したりすることでジョージ・タケイ氏が来日することが何度かあり、ECJ メンバーが日本での観光に合流して交流を深めたりすることがありました。2001年4月、大阪での巡回展では造幣局の桜の通り抜けも見物され、ジョージ・タケイ氏を案内した久保氏はECJ西日本代表に任命されました。


新しいウェブサイト


諸般の事情により日本公式ウェブサイトは閉鎖されてしまいましたが、2002年10月、新しいウェブサイト http://excelsior-jp.starshipclass.com/エクセルシオ・キャンペーン日本」に引き継がれました。10月には新潟で巡回展があり、セレモニーに参加されたタケイ氏は、その後ECJメンバーと造り酒屋の見学をして利き酒を行うなど交流を深めました。


全米日系人博物館の巡回展も終わりタケイ氏が日本のファンの前に姿を現すことが無くなった頃、突然タケイ氏が来日すると連絡がありました。2004年3月に富山県小矢部市にあるクロスランドおやべでトークショーを行うことになったのです。小矢部市へ招待したのはテレビで鑑定士としてもお馴染みで、クロスランドおやべの館長でもある岩堀恭一氏で、今回はタケイ氏が日本でスタートレックをテーマにした初めての講演だったそうです。7月には「宇宙大作戦」DVD発売記念『「スター・トレックの世界」パネル展』のオープニングイベントへの出席とプレスの取材のため来日され、11月には秋の叙勲で旭日小綬章を授与されました。2005年2月に新しくオリジナルドメインを取得しウェブサイトをリニューアルしました。2004年3月にアメリカ本国でエクセルシオ・キャンペーンの活動休止が宣言されたこともあり、新しいウェブサイトでは一部のコンテンツを削除し、掲示板も新しくして、サブタイトルには「George Takei Fan Site in Japan」を掲げ http://excelsior-jp.net/エクセルシオ・キャンペーン日本」をスタートさせました。



プリンタ用画面
前
日本独自の企画
カテゴリートップ
インデックス
次
SULU.JPとは

コンテンツ
言語選択
サイト情報
検索
スタートレック公式サイト
ST JAPAN

スター・トレックをさらに盛り上げましょう!