SULU.JPとは


SULU.JPへの移行


エクセルシオ・キャンペーン日本がリニューアルしたその年の5月に「To the Stars: The Autobiography of George Takei, Star Trek's Mr. Sulu」の日本語翻訳本「ジョージ・タケイ自叙伝 - 星に向かって」の発売記念サイン会が東京と京都で開催され、ジョージ・タケイ氏が来日されました。2007年10月にはスタートレックの自主製作ビデオ Star Trek: New Voyages エピソード3 "WORLD ENOUGH AND TIME" にタケイ氏がスールー役でゲスト出演しました。エピソードのプロローグとエピローグではエクセルシオのスールー艦長として登場しました。Star Trek: New Voyages というのは、かつてエクセルシオ・キャンペーンが休止した時、司令部のラス・ハスラッジ氏が今後応援していくと言っていた正にそれでした。アマチュア作品とは云え、プロの俳優、作家、監督が参加するもので年々レベルが高くなってきています。


2007年8月から9月にかけて横浜で開催された、第46回日本SF大会/第65回世界SF大会「Nippon 2007」ワールドコンに「Star Trek: New Voyages エピソード3 "WORLD ENOUGH AND TIME"」がプレミア上映され、タケイ氏と監督のマーク・ジクリー氏が舞台挨拶をしました。キャンペーンの最初の試みが失敗して7年後にアマチュア製作とは云え、再びエクセルシオのブリッジで指揮をとるスールー艦長の雄姿を目の当たりにできたことは喜ばしいことです。「エクセルシオ・キャンペーン日本」ウェブサイトは2011年1月にタケイ氏の経歴を最新のものに更新した後、エクセルシオ・キャンペーンの総括を行い、スールーとジョージ・タケイ氏のコンテンツを中心にした新サイト「SULU.JP」へ移行しました。SULU.JP ではスールー艦長とUSS エクセルシオについての考察をし、スールー艦長を演じたジョージ・タケイ氏本人にも焦点を当てて、同氏の紹介や日本での活動報告を行なっていきます。また、かつて米国および日本行なわれたエクセルシオ・キャンペーンの活動の経緯を紹介しています。


SULU.JP 管理者について


実は、私がエクセルシオ・キャンペーンに関わったのはエクセルシオ・キャンペーン日本設立時では無く、キャンペーンが周知されてしばらくしてからでした。きっかけは2001年にスターシップ・コンゴウ ホームページでキャンペーンの存在を知り、直後にコンゴウに入会し情報を集めたのが始まりです。コンゴウ前船長の細江氏のショップ「アルテア・モデル」でのコンゴウ集会にも出かけるようになり、色々な方と知り合うきっかけになりました。私は2000年からスタートレックの宇宙船関係のホームページを運営していて、エクセルシオについてのコンテンツも持っていたこともあり、また、偶然にも従兄弟がキャンペーン・メンバーであることが判明して、2002年10月からの新しいキャンペーン・ホームページの運営に関わらせて頂くことになりました。


この時点では私はまだジョージ・タケイ氏にお会いしたことが無く、実際にお会いできたのは3年後の2005年5月31日、京都で開催された「ジョージ・タケイ自叙伝 - 星に向かって」出版記念サイン会でのことでした。当日は書店で西日本代表の久保氏と他のキャンペーン・メンバーとも初対面を果たし、また、パートナーのブラッド・アルトマンさんにもご挨拶ができて、サイン会が始まるまでのあいだ整理券を持って店内で待っておりました。いよいよ、サイン会の時間が近づき順番に列に並んでいる時は英語であれを言おう、これを言おうと思っていましたが、タケイ氏を目の前にした途端どぎまぎしてしまい、英語がうまく伝わらず、日本語で話すよう促されてしまいました。それでも、しっかりと握手をしていただき、サインと一緒に写真にもおさまっていただきました。


タケイ氏が大勢の人たちに一人ずつサインをし、写真を撮ったりする中、私がタケイ氏に関わったのはほんの一瞬でしたが、あの日のことは今でも忘れることはありません。地方に住む私としては有名人を目にする事はほとんど無く、ハリウッドの、それも大好きなスタートレックの大スターに会えるなんて夢のようであり、私の人生の中でも最上級の出来事でした。


京都でのサイン会以来、タケイ氏はワールドコンへの参加などで来日されることもありましたが、再び私がタケイ氏にはお会いする機会は巡ってきませんでした。近年タケイ氏はプライベートに関しても変化があり、以前にも増して活躍の場を広げておられます。2011年3月11日に起こった東日本大震災に対しても、いち早く日本への支援を呼びかけて下さり、世界に向けたメッセージを発信されました。


私は今後もSULU.JPを通じて、スールー艦長やジョージ・タケイ氏ファンの皆さんに情報をお伝えできたらと考えております。


ジGeorge and me
2005年5月31日、ジョージ・タケイ氏と管理者。京都大垣書店にて。

エクセルシオ・キャンペーン日本事務局 谷古正樹(たにこ まさき)



プリンタ用画面
前
ウェブサイト、紆余曲折
カテゴリートップ
インデックス
次
サイトポリシー

コンテンツ
言語選択
サイト情報
検索
スタートレック公式サイト
ST JAPAN

スター・トレックをさらに盛り上げましょう!