スター・トレック:オリジナル・シリーズに登場するヒカル・スールー

スター・トレック:オリジナル・テレビシリーズ、アニメシリーズとオリジナル映画版に登場するスールーの設定です。

各項目をクリックすると詳細の表示/非表示ができます。


USS エンタープライズでのヒカル・スールー



科学士官 ヒカル・スールー中尉(ジョージ・タケイ)
ジェームズ・T・カーク 船長率いるUSS エンタープライズのオリジナルメンバーの一人。2264年に物理部門の士官、スールー中尉としてUSS エンタープライズに赴任する。
写真はStar Trek 第2パイロット版(『光るめだま』)でのブルーの制服。



主任パイロット ヒカル・スールー大尉
2266年、大尉に昇進したスールーは科学部門から指令部門へ異動。エンタープライズのパイロットとして、ゴールドの制服を身につけることとなる。 写真はStar Trek テレビシリーズ『宇宙大作戦』でのもの。



テレビシリーズでのUSSエンタープライズの銘版です。設置場所は左舷ターボリフト・アルコーブです。
クリックで拡大できます。



主任パイロット ヒカル・スールー大尉
顔に傷がある鏡像世界のスールー。ISS エンタープライズの2等航海士であり、保安チーフ、主任パイロットとして、レッドの制服を身につけている。 写真はStar Trek テレビシリーズ『宇宙大作戦』第2シーズン「イオン嵐の恐怖」でのもの。




主任パイロット ヒカル・スールー大尉
2269年から2270年、ブリッジや機関室を改良し、多用途シャトルが配備されたエンタープライズに乗船していたスールーは無事5年間の調査航行を終える。 写真はStar Trek アニメシリーズ『まんが宇宙大作戦』でのもの。



アニメシリーズでのUSSエンタープライズの銘版です。設置場所は左舷ターボリフト・アルコーブです
クリックで拡大できます。




主任パイロット ヒカル・スールー少佐
2370年後半、エンタープライズは地球に帰還し、改修修理のためスペースドック入りした。このとき、スールーは少佐に昇進した。翌年、ジェームズ・カーク提督のもと、2度目の5年間の探査航行に出発した。写真は映画版『スター・トレック』でのもの。



映画版『スター・トレック』USSエンタープライズの銘版です。劇中には銘板は出てきませんが、改装されたという設定なので形状はそのままで、
「STARSHIP CLASS」とあるところを「CONSTITUTION CLASS」に変更しました。
クリックで拡大できます。




アカデミー教官 ヒカル・スールー中佐
アカデミーの教育任務の一環として、スポック艦長率いるUSS エンタープライズに再び勤務した。2285年の訓練生航海実習中、ジェームズ・カーク提督と20世紀の元支配者カーン・ヌーニエン・シンとの間の争いに巻き込まれた。 写真は『スター・トレック2 カーンの逆襲』でのもの。



アカデミー教官 ヒカル・スールー中佐
2285年のカーンとの戦闘でダメージを受けたエンタープライズは、正式に廃艦となる。同年の終わり、カークは最初のエンタープライズの任務に同行した上級士官を巻き込み、船をドックから盗み出し、スポックのカトラを惑星ジェネシス上で生きている彼の体に戻すべく行動した。目論見は成功したが、オリジナルのエンタープライズは完全に破壊されてしまった。 写真は『スター・トレック3 ミスタースポックを探せ』でのもの。



主任パイロット ヒカル・スールー中佐
2286年、宇宙暦8390、未知の文明の探査機が地球に飛来。当時すでに絶滅していたザトウクジラと交信しようとし、探査機は地球の気候を大混乱状態に陥れた。ジェームズ・カーク提督と士官達は、時間を1986年まで溯り、ザトウクジラを2286年に連れ帰り、クジラと交信した探査機は、平和理のうちに地球から去っていった。宇宙艦隊はカークに、地球を救った感謝の印として、コンスティテューション級のスターシップ、エンタープライズ (NCC-1701-A)を与え、スールーは再び主任パイロットとなった。 写真は『スター・トレック4 故郷への長い道』でのもの。



『スター・トレック4 故郷への長い道』でのUSSエンタープライズの銘版です。設置場所は右舷ターボリフト・アルコーブです。「Star Trek: Mr. Scott's Guide to the Enterprise」掲載の物を参考に作成しました。
クリックで拡大できます。




主任パイロット ヒカル・スールー中佐
2287年、スポックの異母兄弟サイボックがUSS エンタープライズAを奪った。サイボックはスールー中佐を含む多くの乗組員を自分の大いなる影響力の配下に置き、彼らの助けを借りて、乗っ取りを成功させた。 写真は『スター・トレック5 新たなる未知へ』でのもの。



『スター・トレック5 新たなる未知へ』でのUSSエンタープライズの銘版です。設置場所は右舷ターボリフト・アルコーブです。
クリックで拡大できます。




USS エクセルシオでのヒカル・スールー



USSエクセルシオ艦長 ヒカル・スールー大佐
2290年、ヒカル・スールーは大佐に昇進し、エクセルシオ (NCC-2000)の指揮を命じられる。同艦は3年間のベータ宇宙域におけるガス星雲調査に着手した。 写真は『スター・トレック6 未知の世界』でのもの。



『スター・トレック6 未知の世界』でのUSSエクセルシオの銘版です。設置場所はビュー・スクリーン右側です。
クリックで拡大できます。




『スター・トレック6 未知の世界』でのUSSエンタープライズの銘版です。設置場所はビュー・スクリーン上側です。 『スター・トレック5 新たなる未知へ』のUSSエンタープライズの銘板とはデザインが変更されています。
クリックで拡大できます。





プリンタ用画面
前
ヒカル・スールーの経歴
カテゴリートップ
インデックス
次
ビデオ・小説でのスールー

コンテンツ
言語選択
サイト情報
検索
スタートレック公式サイト
ST JAPAN

スター・トレックをさらに盛り上げましょう!