スタートレック50周年記念タブレット

ファクトファイル専用タブレット発売へ

2016年11月、デアゴスティーニ・ジャパンから「スタートレック50周年記念タブレット」発売のアナウンス(Webアーカイブ)がありました。「週刊スタートレック・ファクトファイル」の全マガジン314号分のデータを収録した特別なタブレットです。但し、完全受注生産で申し込みが300人に達しなかった場合は販売が中止になります。

価格は本体68,000円+税で、申込締切日が2016年12月26日(月)、2017年4月中旬より順次お届けとなっていました。

内容は、検索機能の付いた「週刊スタートレック・ファクトファイル」314号分のデータとそれを収納する8インチAndroidタブレット(NEC製 PC-TE508BAW)になります。(艦隊エンブレム刻印のカバー、スタートレック壁紙10種付き)
314号分全9,464ページがいつでも呼び出せるタブレットに収録されているというのは魅力的な商品です。

全ファクトファイル314冊が税込みで約17万5千円、データ入りタブレットが税込みで約7万3千円、販売終了しているファクトファイルを新たな購読者(スタートレック・スターシップコレクション購読者を含む)、あるいは既存購読者向けとなると300人というのは絶妙な数字であったと思います。

2017年まで続いた、スタートレック ネットワーク ジャパン からの推薦文も掲載されていました。

スタートレック ネットワーク ジャパンは「週刊スタートレック・ファクトファイル」の翻訳を手掛けていた株式会社徳川システムによって運営されていましたので、このような企画が立ち上がったのかも知れません。

これはもう、劇中に登場するライブラリ・コンピュータそのものです!

『週刊スタートレック・ファクトファイル』は、2003年から2009年にかけて、6年にわたって刊行されました。その間に映画『スタートレック ネメシス』が公開され、『スタートレック:エンタープライズ』の放送が終了するなど、さまざまなことがありました。

しかし、日本の熱心なスタートレックファンの皆様に支持されたファクトファイルは、この分冊百科を企画したイギリス本国よりも長く続き、『宇宙大作戦』から『エンタープライズ』までのすべてのエピソードを網羅することができました。これもひとえに皆様のご支援の賜物です。心よりお礼を申し上げます。

そしてスタートレック50周年の今年、ほかに類を見ないこの分冊百科の全文をデジタル化し、自在に閲覧できるタブレット型PCという夢のような企画が始動しました。もし実現すれば、スタートレック世界の歴史、地理、科学技術、宇宙船、人物などあらゆる事柄を簡単に調べることができるようになります。これはもう、劇中に登場するライブラリ・コンピュータそのものといっても過言ではないでしょう。ひとりでも多くのファンがこの素晴らしいタブレットを手に入れられることを願ってやみません。

STARTREK.ne.jpとは・・・

「スタートレック」シリーズの日本語公式サイト。日本中のファンにネットワークを通じたさまざまなサービスを提供している。

スタートレックシリーズ50周年を記念して『週刊スタートレック・ファクトファイル』の全マガジンを収録したタブレットを企画しました。

スタートレックファン300人が集まれば実現する夢の企画です。ぜひご参加下さい!!

残念ながら、この企画は申し込みが300人に満たなかったようで中止となってしまいました。

コンセプトは良かったんですが、タブレットの画面が8インチで表示される文字も小さくなる、専用タブレットとなり拡張性に欠ける、受注期間が短すぎた、アプリとして販売した方が良かったのではないか、など考慮すべきことも多々あったように思います。

関連ページ

ファクトファイル – プレビュー

インデックスへ