ヒカル・スールーの経歴


ヒカル・スールー (ジョージ・タケイ)、 ジェームズ・T・カーク船長率いるオリジナルのUSS エンタープライズで、パイロットを務めた伝説の艦隊士官。ヒカル・スールーは、のちにUSS エクセルシオの艦長となる。

ヒカル・スールーは、2237年地球のサンフランシスコに生まれた。子供時代、1950年代のハードボイルド探偵小説を読み、昔の銃について知識を深める。おとなになるにつれ、めずらしい銃器を収集するようになり、小型武器の分野においてエキスパートとなる。この知識は何かと重宝することになる(『Shore Leave:おかしなおかしな遊園惑星』 [TOS]、『Slaver Weapon:過去から来た新兵器』 [TAS])。 高校時代に背中に大怪我を負うが、完治する。退院時に医者の勧めで、姿勢の矯正と全身を鍛えるため、フェンシングを始める。最初は気が進まなかったが、そのうち好きになり、フェンシングに時間を割くようになる。そして、地球の歴史に登場するお気に入りのフランスの剣士や日本の侍を思わせる剣さばきを見せるようになる。彼はのちに、艦隊アカデミーのフェンシング・チームでキャプテンを務め、4年間チャンピオンの座を守った。卒業後も運動の一環及びストレス解消として、フェンシングを続けた。いつもフェンシングの相手が見つかるとは限らないので、相手が見つからないとき、特に周囲から認めてもらいたいためにランニングをした。

スールーは大都会サンフランシスコで育ち、自分のことを都会っ子と思っている。田舎よりは、都会の方がくつろげるのである。スールーは熱心な植物学者でもあり、余暇の大半を連邦宙域じゅうから集めた、めずらしい、繊細な植物とともに過ごしている。
スールーは2255年、艦隊アカデミーに物理専攻で入学。父親が物理学者であったことは、彼の進路決定に少なからず影響を与えた。父親と仲がよく、父親のいうことをよく聞いた。2259年、優秀な成績で卒業。宇宙艦隊の小型艦勤務をいくつか経たのち、2264年に物理部門の士官、スールー中尉としてUSS エンタープライズに赴任。昇進は早かったが、本当にエキサイティングな勤務場所は、ブリッジであることに気づく。2266年、スールー大尉は自ら申し出、科学部門から指令部門へ異動。エンタープライズのパイロットとして、ゴールドの制服を身につけることとなる。当時のスターシップにおいて、パイロットと戦略/武器士官は別の人物が務めることになっていた。しかし、スールーは武器への愛着から、パイロットとしての職務に加え、戦略/武器士官も兼任した。ヒカル・スールーはこの2つの任務をこなし、カーク船長を失望させることはなかった。エンタープライズが5年間の探査飛行から戻ったとき、大型スターシップのパイロット/武器士官としてのスールーの冷静な手際のよさとすばやい判断、プロ精神は伝説となり、人々から尊敬された。

2267年、パイロットとして勤務しているときにパベル・チェコフ少尉と出会い、2人は意気投合する。以後、カークはスールーではなくチェコフを自分の直属にするが、チェコフのせいではないからと、怨みを抱いたりはしなかった。2人は生涯の親友になった。

ジェームズ・T・カーク船長率いるエンタープライズでの5年間は、スールーや他の乗組員にとって本当に波乱に富んだ探索であった。2266年、宇宙暦1704.2、スールーはサイ2000ウイルスに感染し、自分のことをダルタニアンの生まれ変わりと思い込み、フェンシングで乗組員を脅かした。

2267年、ヒカル・スールーは初めて時間を溯り、過去の地球に旅した。宇宙暦3113.2、USS エンタープライズはブラックホールをかすめたおり、運悪く過去に飛ばされ、地球の大気圏内でUFOと誤認された。カーク船長とスールー大尉は、空軍に撮影されたエンタープライズの写真を回収するため、地上に転送降下した(『Tomorrow Is Yesterday:宇宙暦元年7.21』[TOS])。 宇宙暦3156.2、スールーは一時的にランドルーに吸収された。この洗脳状況下では、宇宙艦隊で自分が何をしてきたのか記憶を失ってしまう(『Return of the Archons:ベータスリーの独裁者』[TOS])。 宇宙暦3417.3、スールーとエンタープライズの乗組員はオミクロン・ケティ3番星の植物の胞子に犯されてしまう。スールーは宇宙艦隊に残ることを拒み、惑星に残ろうとする(『This Side of Paradise:死の楽園』[TOS])。 2267年後半、並行宇宙の野蛮な世界では、スールーは地球帝国のISS エンタープライズで保安主任を務めていた(『Mirror, Mirror:イオン嵐の恐怖』[TOS]) 。

2268年、スールーとUSS エンタープライズの乗組員は、クリンゴン帝国のカン司令に出会う。のちの2293年、スールーはエクセルシオの艦長として、アジュール星雲で再びカンと出会う。

2269年、宇宙暦1254.4、銀河の中心でエンタープライズの乗組員は、不思議な力が身についたことに気づく。スールーは空中から美しい女性を呼び出す(『The Magicks of Megas-Tu:魔星メーガスの半獣人』)。 宇宙暦5577.3、体がどんどん縮んでしまう状況下で、スールーはブリッジコンソールから転落、骨折してしまう。エンタープライズの乗組員は、テラテン植民地から発射されていた縮小光線でどんどん縮み続けた(『The Terratin Incident:ミクロ人間の恐怖』)のちの宇宙暦4187.3、スールー、スポック、ウフーラは第25宇宙基地へスレーバー人のタイムレス・ボックスを運搬する任務につく。3人は裏切り者の一団クーガン人の乗組員に誘拐されるが、スールーはタイムレス・ボックスの中に入っているスレーバー人の遺物が、実は諜報員用の武器であることをつきとめる(『The Slaver Weapon:過去から来た新兵器』)。

2270年、船の痕跡を追って未確認エネルギー帯を通過したのち、船のコンピューターが異常動作を見せはじめ、スールー、マッコイ、ウフーラはホログラム・レクリエーション室に閉じ込められてしまう(『The Practical Joker:宇宙のいたずら魔』)。 同じ年の後半、宇宙暦6770.3、エンタープライズは反物質宇宙に入り込んでしまう。乗組員達は若返りはじめ、スールーは赤ん坊になってしまう。スターシップが通常の空間に戻った際、スールーと乗組員達は転送装置を使って元の年齢に戻った(『The Counter-Clock Incident:逆行する時間』) 。

2270年後半、エンタープライズは地球に帰還し、改修修理のためスペースドック入りした。このとき、スールーは少佐に昇進。乗組員が故郷に戻ったのち、スールーとチェコフは休暇に出かけ、そこでスールーはスーザン・リンに出会う。彼女はとても独立精神旺盛、美しく、炎のように活動的で、スールーの娘、デモラの母親になる女性である。スーザン・リンはスールーの人生に謎の女性として現れ、そのまま謎の女性であり続けた。スーザン・リンはスールーが知らないうちに、2271年、娘を出産。同じ年、エンタープライズはスペースドックを離れ、ジェームズ・カーク提督のもと、2度目の5年間の探査飛行に出発。スールー少佐は再びパイロットとして任務に就いた。

2度目の探査飛行も最初に劣らず実り多いものとなり、伝説のスターシップは2276年に地球に帰還。2278年、スールーはモーガン・ベイトソン艦長率いるソユーズ級のUSS ボーズマン (NCC-1941)の副長に任命され、喜んで引き受けた。しかし、任務に出頭する直前、スールーは自分に娘が生まれていたこと、そして、娘の母親、スーザン・リンがサキュロ病で死んだことを知る。スールーはボーズマンでの職を辞任する決意を固め、娘を育てるため地球に留まった。スールーは自分の家族が欲しいと思っていたが、宇宙艦隊で探査任務についているほとんどの者達には、家族を持つことはかなわぬことだった。スールーはラッキーなことに、子供を持つということがどういうことかを知る、という幸運に恵まれたのである。子供を持たない人々には説明できないほど喜びに満ちていた。スールーはサンフランシスコの艦隊アカデミーで教職に就くことになり、7歳のデモラ・リンを正式に自分の娘として籍に入れた。デモラは母親似の娘で、非常に率直で利口な女性に育った。スールーの親友、チェコフはデモラのしつけに重要な役割を果たした。スールーが地球外に出なければならないときは、チェコフが彼女の面倒を見たのである。チェコフは家族の一員のような友人であり、デモラには母親はいなかったが、ある意味では、父親が2人いたのである。その上、元エンタープライズの乗組員で、サンフランシスコの本部勤務だった、スールーの友人、ジャニス・ランドがいた。彼女はエンタープライズの最初の探査飛行の全乗組員と連絡を取り続け、スールーの娘のしつけにどうしても女性の手が必要になったとき、度々手助けをした。スールーは娘が進路を選ぶとき、口出しはしなかった。2281年、デモラにせがまれて、スールーは12歳の娘を艦隊アカデミーに連れていき、デモラはカーク提督に出会った。艦隊アカデミーで見たものは、のちにデモラが宇宙艦隊に入る決意を固めるもととなった。

スールーはアカデミーの教育任務の一環として、スポック艦長率いるUSS エンタープライズに再び勤務。2285年の訓練生航海実習中、ジェームズ・カーク提督と20世紀の元支配者カーン・ヌーニエン・シンとの間の争いに巻き込まれる。この事件でダメージを受けたエンタープライズは、正式に廃艦となる。同年の終わり、カークは最初のエンタープライズの任務に同行した上級士官を巻き込み、船をドックから盗み出し、スポックのカトラを惑星ジェネシス上で生きている彼の体に戻すべく行動した。目論見は成功したが、オリジナルのエンタープライズは完全に破壊されてしまった(STAR TREK II:The Wrath of Khan:カーンの逆襲、 STAR TREK III:The Search for Spock:ミスタースポックを探せ)。

2286年、宇宙暦8390、未知の文明の探査機が地球に飛来。不幸にも当時すでに絶滅していたザトウクジラと交信しようとする。探査機は地球の気候を大混乱状態に陥れた。ジェームズ・カーク提督と士官達は、時間を1986年まで溯り、ザトウクジラを2286年に連れ帰った。クジラと交信した探査機は、平和理のうちに地球から去っていった。1986年の地球を訪れたスールーは、サンフランシスコで自分の7歳になる六代前の先祖に出会う。宇宙艦隊はカークに、地球を救った感謝の印として、コンスティテューション級のスターシップ、エンタープライズ (NCC-1701-A)を与えた(STAR TREK IV: The Voyage Home:故郷への長い道) 。

:2287年、スポックの異母兄弟サイボックがUSS エンタープライズAを奪う。サイボックはスールー中佐を含む多くの乗組員を自分の大いなる影響力の配下に置き、彼らの助けを借りて、乗っ取りをやりとげた(STAR TREK V: The Final Frontier:新たなる未知へ) 。

2290年、デモラ・スールーが艦隊アカデミーに入学。同年、ヒカル・スールーは大佐に昇進し、エクセルシオ (NCC-2000)の指揮を命じられる。同艦は3年間のベータ宇宙域におけるガス星雲調査に着手。スールーの要請により、ジャニス・ランド少佐が通信士官として乗艦する。(STAR TREK VI: The Undiscovered Country:未知の世界) 。

2293年、ベータ宇宙域における任務が成功理に終了したエクセルシオの乗組員達は、クリンゴンの主要エネルギー供給源である衛星プラクシスの事故による破壊が原因で発生した亜空間衝撃波に遭遇。スールー艦長はクリンゴンに通信を送り、救助を申し出たが、この申し出は断られた。まもなく、クリンゴンのゴルコン首相が暗殺され、ジェームズ・T・カーク艦長とドクター・レナード・マッコイは首相殺害容疑をかけられ、裁判のためクリンゴンの母星へ送られた(STAR TREK VI: The Undiscovered Country:未知の世界)。宇宙艦隊の指示に背き、スールー艦長はカークとマッコイを救出する決意をする。下級科学士官のトゥボック少尉は、スールー艦長に向かって艦隊指令違反を指摘するが、取合われなかった。エクセルシオがクロノス(クリンゴン母星)に近付いていることを隠すため、スールーはエクセルシオにアジュール星雲を突っ切るよう命令した。そこで、カン司令率いるクリンゴンの戦艦に遭遇する。続いて発生した戦闘で、下級科学士官のディミトリ・ヴァルテーンが死亡。カンをかわすため、スールーは星雲内の揮発性のシリリウム・ガスに火を放つよう命じる。クリンゴンから逃げのびたのち、スールー艦長は状況を再考し、救出活動を中断する。スールー艦長はこの事件を公式記録に一切残さなかった(『Flashback:伝説のミスター・カトー』[VGR]) 。

スールー艦長とエクセルシオは、そののち、2293年のキトマー・和平会議のおり、チャン将軍のバード・オブ・プレイ改良型試作機との戦闘でUSS エンタープライズAを助け、クリンゴンのアゼトバー首相暗殺を防ぐという、重要な役割を果たした(STAR TREK VI: The Undiscovered Country:未知の世界) 。

同年後半には、ジョン・ハリマン艦長率いるエクセルシオ級のUSS エンタープライズBが就役。まもなく、デモラ・スールー少尉がアカデミーを卒業し、エンタープライズBのパイロットとして任務に就く(STAR TREK: Generations:ジェネレーションズ) 。ヒカル・スールーの傑出した経歴を称え、艦隊本部には彼のホログラム肖像画がかけられている(『Flashback:伝説のミスター・カトー』[VGR]) 。

2350年、カーデシア国境地帯をパトロール中に、スールーは近くの植民地に住むチャコティという若者に出会う。その若者と話しをしたスールーは、彼を艦隊アカデミーに推薦した(『Tattoo:天の精霊』[VGR]) 。




1. 上記のスールー艦長の経歴は、キャンペーン小説の設定とは一部異なります。

2. オリジナル・シリーズの内容以外に、アニメ・シリーズ(TAS)と小説の内容が含まれています。予めご了承下さい。



プリンタ用画面
前
インデックス
カテゴリートップ
インデックス
次
TOSでのスールー

コンテンツ
言語選択
サイト情報
検索
スタートレック公式サイト
ST JAPAN

スター・トレックをさらに盛り上げましょう!