"Yorktown: A Time to Heal" での設定


ここでは、1985年に製作が始まり、ジョージ・タケイ氏がスールーとして出演したファンによる自主製作作品 "Yorktown: A Time to Heal" を紹介します。この作品はスタン・ウー製作のファン自主製作映画ですが未完成のままでした。この短編映画はスタートレック・オリジナルシリーズと映画版の間に起こった出来事を描いています。
この作品は視覚コンサルタントに、1978年の映画版スター・トレック、1987年の新スタートレックのエンタープライズ、バック・トゥ・ザ・フューチャーのタイムマシンのデザイナーであるアンドリュー・プロバートが参加しています。プロバートは、USS ヨークタウン、テロリストの宇宙船ナギエル、クリンゴンの単座戦闘艇Kファイターをデザインしました。



以下は "Yorktown: A Time to Heal" に登場するキャラクターとストーリーの設定です。

各項目をクリックすると詳細の表示/非表示ができます。


『ヨークタウン:癒しの時』に登場する主なキャラクター



ヒカル・スールー少佐(ジョージ・タケイ)
ジェームズ・T・カーク 船長率いるUSS エンタープライズのオリジナルメンバーの一人。
USS エンタープライズがドライドックで改装中に、一時的にUSS ヨークタウンに配属される。



船長 ブラッドリー・フレーム大佐(J・J・シルヴィア)
USS ヨークタウンの船長。
テロリスト「シャーク」が盗んだ装置を破壊すべくパール3号星に向かう。



第7宇宙基地 ヘイハチロー・ノグラ提督(ジェームズ・シゲタ)
ヨークタウン船長フレーム大佐にセンサー・ドローンの破壊を命じる。



第7宇宙基地 ロリ・チアナ少将(テレサ・E・ビクター)
ノグラ提督の直属の部下。


保安チーフ テー(ケイシー・ピルスベリー)

船医 クーパー(ブライアン・オブライエン)

元宇宙艦隊大尉 ジェフリー・R・ポンド(スタン・ウー)

クリンゴン艦長 マク(リアム・コリンズ)


『ヨークタウン:癒しの時』の設定


クリンゴンによる追跡を逃れながら、攻撃を受けた宇宙艦隊の偵察探査機が惑星パール3号星に探知されずに衝突しました。一等航海士として改装されたUSS ヨークタウンに着任しているヒカル・スールーは、行方不明のスパイ探査機の場所を探る秘密の任務をノグラ提督から受けています。クリンゴンによって壊滅的な戦争の火蓋が切られるのを防ぐために、ブラッドリー・フレーム船長指揮のもと、USS ヨークタウンは、その存在を隠したまま、行方不明の探査機を見つける時間との競争をしています。同時に、秘密のテロリスト集団S.H.A.R.K.は、彼ら自身の邪悪な手段にそれを利用する意図をもって、遺棄された探査機の場所を最初に偶然見つけます。




パール3号星に上陸したフレーム船長以下、USSヨークタウンの乗務員です。クリックで拡大できます。



パール3号星のロケは、エンジェルス国立森林公園、アローヘッド湖などで行なわれました。



ジェフリー・ポンドとシャークのメンバーを倒したヨークタウンの乗務員です。クリックで拡大できます。




USSヨークタウンのコンセプト画です。クリックで拡大できます。



「Yorktown: A Time to Heal」の製作が開始されたのは1985年であり、今日の自主製作作品の様にCGなどは使われず、特殊効果はもっぱらミニチュアを使用した撮影が行なわれました。下記の写真は市販のプラスティック・モデルを改造したUSSヨークタウンの撮影用模型です。



当初使われる予定だったUSSヨークタウンの撮影用模型です。クリックで拡大できます。



製作開始から25年経った2010年より、再び「Yorktown: A Time to Heal」の製作が開始されました。新たにシーンを撮り足しし、特殊効果も最新のCGをふんだんに使ったものになるようです。公開予定は2012年でしたが、2014年末に延期されました。また、2011年に序章にあたるコミック「Yorktown: A Time to Die」が公開される予定でしたが、現在(2014年)のところまだ公開されていません。
Facebookでのグループでは、より多くの写真や設定画を御覧いただけます。

http://www.facebook.com/group.php?gid=151211704904054

Facebookのアカウントをお持ちでない方は、http://www.facebook.com/ でアカウントを作成してからグループへアクセスして下さい。



USSヨークタウンの最終CGイメージです。クリックで拡大できます。



Yorktown: A Time to Healのティーザートレーラーです。 from John Atkin on Vimeo.




Yorktown: A Time to HealのVFXティーザートレーラーです。




『ヨークタウン:癒しの時』キャストとスタッフ


製作: スタン・ウー
製作総指揮: ジェム・オン・ウー
監督製作者: ジョン・アトキン
映画製作補: テレサ・E・ビクター
脚本: ダヴ・シュワルツ、スタン・ウー、ポール・マッカドン
監督: アラン・スミシー
第2班監督: ウィリアム・アリソン
助監督: アーヴ・ワイス
編集: カイル・ウィルソン、ジュアン・カラファトヴィッチ
カメラマン: ガストン・バーラベン
美術監督: ロジャー・ウィッター
音声: セオドア・マクレンドン
音楽: クリストファー・バー
特殊効果: ローランド・バロン
製作イラストレーター: アンドリュー・プロバート

キャスト: ジョージ・タケイ、ジェームズ・シゲタ、J・J・シルヴィア、スタン・ウー、ウィル・ロドリゲス、ランス・ウィリアムズ、テレサ・E・ビクター、ケイシー・ピルスベリー、ジョセフ・カレツマン、ボブ・ウィッター、ロジャー・ウィッター、アラン・サロペック、ブライアン・オブライエン、ティナ・ホヴァス、スティーヴ・グッドパスター、パトリシア・アン・コクラン、ジョン・アトキン、ジェっシー・テブス、アシュリー・ロテキ、ロン・ボイド、リアム・コリンズ

キャラクター: ヘイハチロー・ノグラ提督、ヒカル・スールー少佐、ブラッドリー・フレーム大佐、ジェフリー・R・ポンド大尉、その他。
時代設定: スタートレック・オリジナルシリーズからスタートレック映画第1作までの期間
セット: 大半がロケ、一部をセットで撮影
映像品質: スーパー8フィルムからランク・シンテルでシネスキャン
衣装デザイン: ケイシー・ピルスベリー(コンセプトはスタン・ウー)

活動拠点: カリフォルニア州ロサンゼルス (1985年から1987年まで)、オンタリオ州トロント (2010年から現在)

上映時間: 22分

元々、1985年から1987年までに撮影され、1987年以降は中断している。 すべての主な撮影は完了している。 特殊効果と音楽は全く完了していない。 アフレコは部分的に完了している。 現在のデジタル技術によって映画が救われるかもしれない。 脚本は現在、ポストプロダクション中で、変更箇所を取り入れるよう準備中である。(アフレコでセリフが変わる。) 映画脚本家ポール・マッカドン(「フロム・ジ・アース/人類、月に立つ」)は現在、脚本を終えている。



 

プリンタ用画面
前
WEaTでの設定
カテゴリートップ
インデックス
次
NX-2000の設定

コンテンツ
言語選択
サイト情報
検索
スタートレック公式サイト
ST JAPAN

スター・トレックをさらに盛り上げましょう!