第9話「精神探査機」

本編を You Tube で見る
英語字幕を翻訳して、日本語を表示させることができます(ブラウザのみ)

作品データ
原題"MIND-SIFTER"
時間1時間3分12秒
公開日2014年12月1日
宇宙歴不明
脚本リック・チェインバース、
シャーリー・メユースキー「トレックおばあちゃん」原案
監督マーク・エドワード・ルイス
ゲストリヴカ・レイヴン・ウッド
クレイ・セイアー
ロバート・ウィスロー
キャスト
ブライアン・グロスimageジェームズ・T・カーク船長
ブランドン・ステーシーimageミスター・スポック
ジェフ・ボンドimageドクター・レナード・マッコイ
チャールズ・ルートimageモンゴメリー・スコット中佐
シャイアポーン・シーラクルスティットimageスールー大尉
ジャスミン・ピアースimageウフーラ大尉
パトリック・ベルimageザーン
ウェイン・ジョンソンimageドーソン・ウォーキング・ベア少尉
リヴカ・レイヴン・ウッドimageハムリン医師
クレイ・セイアーimageコール
ロバート・ウィスローimageウィスロー提督
あらすじ
あらすじエンタープライズの乗組員がやむを得ずカーク船長の死を受け入れたとき、スポックとマッコイもまた、彼ら自身の深い悲しみを受け入れなければならないが、スポックが惑星連邦を破壊するためにカークを過去に送るクリンゴンによる陰謀を発見したことで、カーク船長がマインド・シフターの恐ろしい拷問に屈する前に、時間内にエンタープライズの乗組員はすべての勇気と能力をもって、彼らの最愛のキャプテンを救うべく行動を取る。
備考タイトルが"Star Trek: Phase II"ではなく"Star Trek: New Voyages"となっているのは、この作品の設定が"Phase II"よりも前の"New Voyages"の頃であるため。スクリーンサイズも敢て4:3になっている。スールーの階級も少佐では無く、大尉のまま。
また、この作品は当初ジェームズ・コーリーがカーク役を演じて撮影されていたが、カーク役がブライアン・グロスに交代したため、ジェームズ・コーリーが演じていたいくつかのシーンを撮り直している。
ダウンロード
国際サイトMKV ファイルをダウンロードする
ダウンロード
国際サイトDivX、MKV ファイルをダウンロードする
予告編
エピソード9の予告編を You Tube で見る
Star Trek New Voyages - 4x09 - Mind-Sifter - Trailer - Subtitles