スタートレック・スターシップ・コレクション

隔週刊 スタートレック・スターシップ・コレクション

2014年5月20日に、「隔週刊 スタートレック・スターシップ・コレクション」が創刊されました。創刊号は特別定価499円(税込)、2号特別価格1,299円(税込)、3号以降通常価格2,495円(税込)、消費税改定後の2019年10月1日発売の第141号から2,541円(税込)で刊行されました。全110号の予定が延長されて2020年06月23日発売の第160号で完結しています。総額で396,928円になります。

スタートレックのテレビシリーズと映画に登場する、主要な宇宙船を網羅した、まったく新しいスケールモデルコレクションで、ダイキャストとABS素材を使用し、細部まで精密に再現されています。

モデルのスケールは、U.S.S.エンタープライズNCC-1701-DとエンタープライズNX-01のように船体のサイズが大きく異なる船も、12cmから14cmの大きさに収まるようにスケールダウンすることで、集めたときに美しくディスプレイできます。

隔週刊 スタートレック・スターシップ・コレクション

延長コレクション(UK版)

スターシップ・コレクションが160号で終了する直前の2020年3月に、延長コレクションとしてマガジンが未翻訳の英語版の「スタートレック・スターシップ・コレクション(UK版)」を161号から180号までを、限定500セットで締め切りが2020年6月30日、第2期で限定120セット(最終締め切り2021年1月20日)刊行するとアナウンスされました。完全予約制で途中号からやバックナンバーの購入はできません。各号2,178円(税込)で1ヶ月に2コレクション配本で10ヶ月続きました。

同時に英語版の「スタートレック・ディスカバリー・コレクション(UK版)」も全35回、限定300セットが案内され、続いて第2期として全33回、限定120セットが案内されました。各回4,290円(税込)で1ヶ月に2コレクション、最終月は3コレクション配本で1年4ヶ月続きました。

ディスカバリー・コレクションにはマガジン10冊収納の専用バインダー(税込1,078円)も数量限定で提供されました。「スタートレック・ディスカバリー・コレクション(UK版)」は当初全35回の予定でしたが、コロナウィルス感染症拡大のため全33回で中断となりました。

延長コレクション

STAR TREK: The Official Starship Collection

ここではデアゴスティーニ・ジャパンからは公式にリリースされなかった、海外版のスタートレックコレクションをご紹介します。

Standard Editions
イギリス、Eaglemoss社(2011年にファクトファイルのGE Fabbri社を吸収合併)では2012年より試験販売を開始し、2013年8月21日から日本と同様の隔週刊パートワーク出版「STAR TREK: The Official Starship Collection」を始めました。「スタンダード・エディション」は2020年8月6日の第180号をもって完結しました。

画像提供 Memory Alpha

2013年11月28日より、船籍番号違い、コンセプト・デザイン、模型の船、コミック・小説・スタートレック・オンライン ゲーム、シップス・オブ・ザ・カレンダーを由来とする「ボーナス・エディション」が開始され、2020年内に第36号までが計画されています。「ボーナス・エディション」は「スタンダード・エディション」の補完シリーズとして企画されたもので大きさも同様でした。

Special Editions
ケルヴィン・タイムラインの船を扱うシリーズとして「スペシャル・エディション」が2013年11月28日より開始されました。「スタンダード・エディション」の倍の大きさで、ケルヴィン・タイムライン以外の船も含まれるようになり、LEDの電飾入りのものや金メッキを施されたものが発売されました。2021年12月で28号刊行されています。

XL Editions
2017年1月28日より特大サイズの「XLエディション」が開始され、2022年2月に第29号、追って第30号まで企画されています。「XLエディション」の金メッキバージョンも2コレクション発売されました。

Shuttlecraft
2015年10月14日からは「シャトルクラフト・パック」が発売されました。1セットは4つのシャトルクラフトで構成されています。2021年10月までに8セットが刊行されました。

Repacks and Dedication Plaques
その他、再販バージョンで3〜4機の船を1パックにしたもの、パッケージ替えのコレクター版が「スタンダード・エディション」と「XLエディション」で主要スターシップが発売されました。銘板シリーズも2015年から2017年の間に8コレクション発売されました。

Books
既発売のマガジンを再編集した書籍も数種類発売されています。「スタンダード・エディション」のコレクションが同梱されたイラスト本も数種類発売されています。シップヤード・シリーズも連邦船、クリンゴン、ボーグなど種族別に分類した書籍も刊行されています。

デアゴスティーニ・ジャパンからも2019年に「スタートレック・シップヤード」 Vol.1、Vol.2の翻訳本が発売されました。

全コレクションの一覧は、下記のMemory Alphaをご覧ください。

Star Trek: The Official Starships Collection (Memory Alpha)

インデックスへ