ブロードウェイミュージカル
『アリージャンス/忠誠』上映

Share

第二次世界大戦時の日系人強制収容をジョージ・タケイ氏の実体験を元に描いたブロードウェイミュージカル『アリージャンス/忠誠』のジャパンプレミアが2017年11月10日(金)、11日(土)、12日(日)の3日間限定で開催されました。

ブロードウェイミュージカル アリージャンス/忠誠

上映は、恵比寿ガーデンシネマとユナイテッド・シネマ アクアシティお台場の二会場で、各上映時にジョージ・タケイ氏、プロデューサーのロレンゾ・シオーネ氏、次期ケイ役のエレナ・ワン氏、公式応援アンバサダーの宮澤エマさんなどが舞台挨拶をされました。また、恵比寿ガーデンシネマでは、VIPシート購入者にバックステージにてキャストと対面・記念撮影の特典が提供され、11日にはヒルトン東京お台場にて関係者限定のジャパンプレミアパーティーが開催され、タケイ氏は『アリージャンス/忠誠』の日本側関係者や特別に招待されたファンとのひと時を楽しまれました。また、初日の恵比寿ガーデンシネマでは外務大臣河野太郎氏の表敬訪問を受けました。

初日上映に駆けつけた
エクセルシオ・キャンペーンメンバーの村田氏(中央)

ジャパンプレミアのプレイベントとして、8日(水)には早稲田大学大隈記念講堂大講堂にてトークセッションが開催され、翌9日(木)には来日特別イベント、ブロードウェイトークショー&GALAコンサートが開催されました。8日(木)には日本科学未来館も訪問され、毛利館長とさらなる親交を深められたようです。
「Guests from Japan and Overseas」2017年11月8日にエンタープライズ号の銘版レプリカを持つ写真が掲載されています。(なぜか日本語版では表示されません。)

11日の記者会見では、「2018年以降に日本全国47都道府県、100万人の方々に届けたい。」、というタケイ氏の想いで『アリージャンス JAPAN 2020』プロジェクトを立ち上げた事が発表されました。タケイ氏は映画公開が日本全国に広まる事で2020年には東京で上演される事を希望されているようです。

『アリージャンス/忠誠』関連のムービーは下記のリンクからどうぞ

『アリージャンス/忠誠』ジャパンプレミアに向けて
NHK World – A star’s trek for tolerance(アーカイブ)

エクセルシオ・キャンペーン日本事務局

—————————————————–
関連サイト
Theater Live Japan
ハフポスト:強制収容・スタートレック・ゲイ公表… 「アリージャンス/忠誠」のモデル、ジョージ・タケイの波乱の人生