スタートレック エンタープライズD

週刊 スタートレック エンタープライズD

2021年3月2日創刊、宮城・茨城・群馬でデアゴスティーニ・ジャパンによる新たなパートワーク出版「週刊スタートレック エンタープライズD」の試験販売が開始されました。

創刊号が490円(税込)、2号以降が1,990円(税込)の通常価格でした。全122号で完結し総額は241,280円、スケールは1/900、全長70cm、幅50cmのダイキャスト製スケールモデルです。

創刊号から第15号までの購読で「オリジナルTシャツ&ピンズセット」がプレゼントされ、特製バインダーも追って発売される予定でした。

期待の試験販売でしたが、2021年5月1日発売の第6号をもって休刊となってしまいました。ホームページを見ると、組み立てサポート動画もアップされる予定だったようですが、一つもアップされない状態で終了となりました。

既刊号データベース
週刊エンタープライズD 既刊号ガイド

 

スタートレック エンタープライズD

公式サイト

試験販売が休刊となったことで発売がキャンセルされたと思われていた「スタートレック エンタープライズD」が販売形態を変更して創刊されることになり、2021年9月1日(水)より予約が開始されました。

船体分離でディスプレイも可能

1回目が1,990円(税込)、2回目以降が6,980円(税込)ですが、マガジンは英語版のままで途中解約可能、限定数500セットの数量限定販売、定期お届け便として月1回のお届けで全31回で完成となっています。書店には並ばずWeb限定販売となり、マガジンが翻訳されない分、総額は試験販売より3万円ほど安く211,390円、申し込み期限は2021年12月26日(日)でした。

2022年5月31日(火)より再販のアナウンスがあり、今回も500セットの定期お届け便、申し込み締切は2022年9月30日(金)となっていました。

なお、キットには組立説明書は付属せず、ウェブサイトより日本語版組立説明書( PDF )をダウンロードする形になっています。

全員プレゼントも試験販売時と同じ内容ですが、試験販売だと購読4ヶ月目にもらえるところが1年後に延びています。

10月1日までの申込みの場合、第1回目は10月12日(火)前後、その後は毎月第2火曜前後にお届けとなり、10月2日以降に申込みの場合は、注文から1週間から10日前後で順次お届けとなっていました。

2022年の再販時には7月2日までの申込み分で2022年7月12日(火)前後、その後は毎月第2火曜前後のお届けで、2022年7月3日以降の申込み分は、注文より1週間から10日前後で順次お届けと案内されました。

サイトには、期間限定公開でピカード艦長役声優の麦人さんの特別インタビュー映像もありましたが、2022年2月末までの限定公開で現在は削除されています。

なお、バインダーは後述のEaglemoss社では第1回配本時に同梱されていましたが、デアゴスティーニ・ジャパンからは販売予定が無いとアナウンスされています。試験販売時も企画のみされていましたが未発売で終了しています。

 スタートレック エンタープライズD 製作過程を見てみよう!

【デカすぎ模型の途中報告】スタートレック エンタープライズDをつくる【デアゴスティーニ】THE U.S.S ENTERPRISE 再受注開始!

 

プレスリリース:『スタートレック エンタープライズD』

既刊号データベース
スタートレック エンタープライズD 定期お届け便リスト

 

Build the U.S.S. ENTERPRISE NCC-1701-D

公式サイト
(画像提供:Memory Alpha

イギリスのEaglemoss社では、日本の試験販売よりも前の2019年から最初の2号分のみ試験販売が開始されており、2021年3月よりイギリス、アメリカ、およびヨーロッパで正式販売となりました。

日本発売より先行する Eaglemoss Collector / Hero Collector による紹介ビデオです。基本は日本版と同じであることが分かります。

Build your own STAR TREK: Enterprise-D | NEW LAUNCH!

組み立てサポート動画

Build The Enterprise-D: Stage 1
Build The Enterprise-D: Stage 2
Build The Enterprise-D: Stage 3

まとめ

下記のロゴをご覧ください。
上段が2011年デアゴスティーニ・ジャパン企画「週刊スタートレック エンタープライズDをつくる」の英語版ロゴで、下段が2021年の「週刊スタートレック エンタープライズD」の英語版ロゴです。

デザインが違うだけで、全く同じ文です。このことから、現在刊行中の「スタートレック エンタープライズD」は、2011年の「週刊スタートレック エンタープライズDをつくる」のモデル構成をプラスティックから金属製に置き換えて、マガジンの内容も見直したリニューアル版といえます。

関連ページ

週刊スタートレック エンタープライズDをつくる

インデックスへ