「弁当からミックスプレートへ」新潟展

Share

移民物語〜弁当からミックスプレートへ〜

2002年5月開催の広島県立美術館に続き、今回の全米日系人博物館の日本巡回展は新潟歴史博物館で10月12日〜11月24日まで行なわれました。

巡回展ポスター
クリックで拡大できます

式典でスピーチをするタケイ氏
全米日系人博物館館長アイリーン・ヒラノ氏

10月12日初日の午前中に行なわれた、オープニング・セレモニーでは、全米日系人博物館のアイリーン・ヒラノ館長や理事長を務めるジョージ・タケイ氏も出席され、式典の挨拶とテープカットをされました。

この巡回展はハワイの日系アメリカ人の歴史にスポットを当てた企画展で、これまで、沖縄、大阪、広島で開催されました。
サブタイトルのミックスプレートの意味は、日本人移民が持ち込んだ「弁当」のおかずを、他民族の方々と分かち合っていったものが「ミックスプレート」というポピュラーなメニューになったことに由来しています。
展示内容は、ハワイの日系アメリカ人の暮らし(家の中)を再現したものや、一世が着ていた服や道具から現代の日系3世までのパネル展示などです。

一同整列、緊張の面々
さあ、いよいよ開催です

また、新潟歴史博物館による新潟県からのアメリカ・ハワイ移民に関するものもありました。
式典後、企画展の見学をされていたタケイ氏は、地元はもとより遠方から駆けつけたトレッキーの方々と記念撮影や、プレゼントに用意していた写真へのサインと、短い時間ながらファンへのサービスをされておりました。

なお、全米日系人博物館では、同巡回展の開催を各自治体へ働きかけています。

エクセルシオ・キャンペーン日本事務局

—————————————————–
関連サイト
The Official Website of George Takei – Blog Archives _ November, 2002(ウェブアーカイブ)
新潟県立歴史博物館
全米日系人博物館